1964年(昭和39年)発行の雑誌「平凡パンチ」

o0800066313353031319
o0800055813353031320
雑誌は時代の鑑といわれ、時代の息吹きと世相を敏感に感じ取り発行されてきました。東京オリンピックが開催された1964年(昭和39年)発行の『平凡パンチ』。大学卒の初任給が21,200円。1ドルが 360円の時代。東京五輪が開かれる年という高度成長期の真っ最中。団塊世代後のファッション・情報・風俗・グラビアなどを取り扱う週刊誌として、それまでに発行された雑誌とは異なった新しい切り口での創刊。1966年には発行部数100万部を突破。表紙のイラストは大橋 歩。銀座にある「みゆき通り」を「アイビールック」で埋め尽くす「みゆき族」を表現。当時は、活版印刷が主流。紙質も悪く、写真を掲載するカラーページの印刷もまだまだ現在ほどに技術が進んでいないころです。
この『平凡パンチ』の発刊を期に、1970年代に女性誌の草分けとなった『an・an』をはじめ、『ポパイ』『ブルータス』『クロワッサン』『ノンノ』他の雑誌の創刊ラッシュ時代を迎えています。オフセット印刷技術・画像処理技術の進歩、写真植字システムの普及と新書体などもあって、印刷・出版業界が大きく変貌していく時代になりましたね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中